更新日 2013年 9月19日

<お知らせ>-------------------------------------------

〜協働で行う伊豆沼在来生態系保全活動〜

NPO法人環境生態工学研究所は過去5年間にわたり伊豆沼における在来動植物
の保全手法を研究してきており、2009年に三井物産環境基金の助成を受け、地
と生き物イキイキプロジェクト〜協働で行う伊豆沼在来生態系保全活動〜を実

することになりました。 このプロジェクトの中で、ふれあい福祉作業所は伊

沼の在来生物の保護のために、伊豆沼周辺に多く自生しているヨシを材料に湖

の森を創出する作業に参加いたしました。

「こていの森セミナー」および「現地見学会」
湖沼にすむ在来種の魚がブラックバスなどの外来種から身を守るために逃げ込む
装置「湖底の森」を、ふれあい福祉作業所はそのヨシで作るツリー作成に参加し
ております。
伊豆沼をはじめとした全国の湖沼が直面する生物多様性の喪失などへの理解と授
産施設作業者が製造した製品を利用している現場を見学していただく「こていの
森セミナー」と「現地見学会」を開催いたしました。



 スケジュール
   930  バスでふれあい福祉作業所出発

   1100  サンクチュアリーセンター到着・こていの森セミナー
   1145  現地見学会
   1230  昼食
   1300  現地出発
   1430  ふれあい福祉作業所到着・解散


  第1回 日時 : 平成231022日(土)10001300
           約100名参加


  第2回 日時 : 平成24 922日(土)10001300
            約80名参加


竹とヨシでツリーを
作成。
右は完成品で湖底
に設置して「湖底の
森」を造成。

平成24年度を以ってこのプロジェクトは終了しましたが、ふれあい福祉作業所の利用者
は、このセミナーと現地見学会をとおして在来種の生態系を守ることと自然保護の大切さ
を感じ取っていただけたと思います。


-----------------------------------------------------------

チャレンジドネットワークみやぎは、東日本大震災で被災された方々を元気
づけるために、音楽CD「とうほくLOVE」の制作に参加し活動しております。
チャリティCD 「とうほくLOVE」

当法人の理事でもあるシンガーソングライターあんべ光俊氏を中心にとうほくLOVE委員会が設立されました。
とうほくLOVE委員会は、「とうほく」を愛する者が集まり、文化事業を通じて「とうほく」の魅力を内外に発信し、あわせて「とうほく」ブランド向上の一助になろうという気持ちの下設立されました。 事務局をチャレンジドネットワークみやぎに置き、理事3名が委員に加わり、CD制作と販売促進等を積極的に推進しております。
CD販売による収益は被災地や障害者施設に寄付を予定しております。



作品紹介


2011年5月のチャリティダウンロード開始以
来、YouTubeやJR盛岡駅PVで泣ける!感動した!
と大好評の「予定〜いわてにかえったら〜」をは
じめ、佐藤竹善と仙台市児童らが参加し、翌年4
月配信開始のこれもまた胸を熱くする「青い大地
に夢は始まる」、さらにロンドン在住の鈴木ナオ
ミとのコラボレート、2014年4月配信開始の
It Is With You」を加えた3作品がCD化を求め
る皆様の熱い声にお応えして遂に販売開始!すでに話題沸騰曲、「仙台で愛ましょう」に「
FUKUSHIMA TOWN」も収録!
  とうほくLOVE / あんべ光俊

ジャケット制作

 
画   奈良美智

題字  荒井良二

アートディレクション 箭内道彦

1.仙台で愛ましょう(357
  あんべ光俊 吉田鮎子&たまごファーム
2.予定〜いわてに帰ったら〜(827
  あんべ光俊&ナンバーザ
3.青い大地に夢は始まる(348
  佐藤竹善 富沢タク&あんべ光俊with 仙台市立七北田児童
4.FUKUSHIMA TOWN 550
   あんべ光俊&トビウオバンド
5.It Is With You519
  NaomiAnbe

 CD「とうほくLOVE」は平成25731日に販売開始。販売定価は11,500円。購入希望の方はチャレンジドネットワークみやぎまでご連絡ください。

チャレンジドネットワークみやぎ通信「WA」

 定期発行しておりますチャレンジドネットワークみやぎ通信「WA」のページ